訴訟後和解までの流れ


時計B型肝炎給付金請求に着手してから実際に給付金が受け取れるまでにはどれくらいの時間がかかるのでしょうか。これは個人によって違いがありますが、概ね半年から一年くらいの方が多いようです。この期間の中で一番時間がかかるのが資料集めです。

ですからこの訴訟をスムーズに進めるためにもこの資料集めを迅速にすることや、必要な資料を完璧に揃えることが大事になってきます。ある程度時間がかかることと、この給付金の請求には平成34年1月12日という期限があることを考えると、なるべく早く提訴したほうが良いということがわかります。

実際に資料を集めて提出したとしてもその後、資料を吟味される時間も必要です。最も大変なこの資料集めの段階も個人でやるよりも弁護士に依頼するほうが良いので、まずは仕事を依頼できる弁護士探しを始めるようにしましょう。最近ではB型肝炎の訴訟に関する全国対応の無料相談窓口なども開設されていますし、メールにて無料相談ができるところもあります。弁護士事務所に連絡をするというのは慣れていない方にとってはハードルの高いことかもしれませんので、こうした無料相談を上手に用いてB型肝炎の給付金請求に踏み出すのがおすすめです。

推奨サイト・・・B型肝炎弁護士
└B型肝炎についての相談が無料でできる法律事務所のサイトです。